ダイエットに運動を取り入れて健康的に痩せる!効果的な運動方法

ダイエットをしたいと思っている方は、運動を取り入れたダイエットをすることをおすすめします。

「楽に痩せたい!」と思う人もたくさんいると思いますが、運動を取り入れたダイエットをすることで健康的に痩せることができ、リバウンドしずらい体を作ることが出来ます。
運動を取り入れたダイエットをして、溜め込んでしまった脂肪を効率的に燃焼させ、憧れのボディラインを手に入れましょう!

ダイエットに効果的!有酸素運動の仕組みとは

ダイエットに効果がある運動で代表的なものが「有酸素運動」です。

有酸素運動とは、ウォーキングやジョギング、水泳などの運動を長い時間かけて行うもので、酸素と脂肪を一度に消費する運動です。筋肉を動かすことで体の中に溜まった脂肪を燃焼し、悪玉コレステロールや中性脂肪も減らす効果が期待できます。

有酸素運動を行えばダイエットに効果が期待できるだけでなく、健康的な体を作り上げることも出来ます。

体の中に酸素を取り込んで脂肪を燃焼させることで出来たものをエネルギーに変えていくので「効率的に脂肪を燃やしたい!」という人にはおすすめの運動です。

また、有酸素運動の効果が表れるのは、運動を開始して20分が経過したころからだと言われています。

ダイエットに有酸素運動を取り入れよう!自宅で出来る運動

有酸素運動をダイエットに取り入れれば、健康的に痩せることができてバランスの良い体を手に入れることが出来ます。
「忙しくてなかなか運動をする暇がない」という方に、自宅でも手軽に出来る運動方法をご紹介します!

■踏み台昇降運動
広いスペースが無くても出来る運動です。自宅に階段がある方は、階段を一段登って降りるという動作を繰り返すだけで出来ます。階段が無い方は、高さは10~20センチくらいの踏み台を用意して登ったり下りたりを繰り返すだけで効果が得られます。いきなり30分も運動をするのは体に負担がかかりますので、まずは5分程度から始め、徐々に時間を伸ばしていけるようにしましょう。

■腿上げ運動
この運動はポッコリお腹の解消にも効果が期待できます。運動の仕方もとっても簡単!
・背中を伸ばして真っ直ぐに立つ
・足踏みをしながら膝を股関節の上まで持ち上げる
この二つの動作を繰り返すことでダイエット効果が期待出来ます。この時、股関節より上の位置に腕を伸ばし、手のひらと膝がぶつかるような感じで行うとやりやすいですよ!

■家事
毎日何気なく行っている家事も、実は有酸素運動になるんです!お部屋やお風呂、トイレの掃除を行っている時は酸素を取り込みながら脂肪を消費している状態になります。家の中をピカピカにしながらダイエットをすることが出来るなんて、一石二鳥で嬉しいですね!

ダイエットの運動効果を高めてくれる食品があります!

ダイエットに有酸素運動を取り入れた場合、欠かせないのが「水分」です。体内の水分が不足した状態だと、しっかりと脂肪が燃焼されないことがあります。このこともあり、有酸素運動をするときは水分を摂るように心がけましょう。

また、「カプサイシン」には脂肪燃焼を高めてくれる効果があります。
カプサイシンは唐辛子などに含まれている成分で、脂肪燃焼効果を高めるほかにも生活習慣病の改善や冷え性にも効果があるとされています。
そればかりでなく、疲労回復にも効果があると言われていますので、有酸素運動を行う前にぜひ取り入れたい食品です!

■カプサイシンが含まれている食べ物
・唐辛子
・キムチ
・タバスコ
・コチュジャン など。

摂取のしすぎには気を付けましょう!

運動を取り入れたダイエットをするときに効果的なタイミングは?

ダイエットで運動を取り入れたとき、効果的なタイミングはあるのでしょうか?
実は、ダイエットに運動を取り入れたときに効果が高まるタイミングがあるのです!
それは「空腹時」。特に朝起きた後に運動を取り入れると、運動の効果が高まることが期待できます。
お腹の中が空っぽの状態で運動をすると、エネルギーに変えるものが無いので体の中に蓄えられている脂肪を使ってエネルギーにします。
そうすると脂肪燃焼効果が高まり、ダイエット効果も期待できるというわけです。

だからといって起きてすぐに運動を行うというのは体にも負担をかけてしまいます。
ストレッチなどをして体を目覚めさせてから運動を行うようにしましょう。激しい運動を行うと怪我の原因にもなります。ウォーキングなどの有酸素運動を取り入れるようにしましょう。

また、低血糖に陥ってしまう危険性もありますので、すぐにエネルギーに変わるようなバナナなどの消化の良いものを食べてから運動を行うと良いですよ!

食事の後に運動をしたい時はどうしたらいい?

食事をしてから運動をするのであれば、最低でも運動を開始する時間前までに食事を済ませておくようにしましょう。
食べ物が消化されるまでにかかる時間は3時間程度と言われています。

食後2時間が経過していれば、満腹でも空腹でもない状態で血糖値の状態も良く、運動をしやすい状態だと言えます。

また、運動をした後に食事をする場合はお腹が空いているためにカロリーが高い食事を取りたくなります。でもそこはグッと我慢してください。

運動をした後の食事は、良質なたんぱく質を取ることを心がけ、野菜もしっかりと食べるようにしましょう。

運動した後にクエン酸が含まれた食品を取り入れることで疲労回復効果が期待できます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です